週末図書館

読書・映画・その他もろもろ、管理人が面白いと感じ、特に皆さんに紹介したいと思えたものについて書き綴るブログ

第157回芥川賞・直木賞 決定!【※2017年7月20日追記】

 

芥川賞沼田真佑『影裏』

(文學界2017年5月号に掲載されています)

 

文學界2017年5月号

文學界2017年5月号

 

 

直木賞佐藤正午『月の満ち欠け』がそれぞれ受賞しました。

 

月の満ち欠け

月の満ち欠け

 

 

芥川賞は候補者を見たときに、

今村夏子さんの『星の子』が最有力かなと思っていたので、少し意外でした。

 

直木賞を受賞された佐藤正午さんはベテランもいいとこ、選考委員の林真理子さんとほぼ同期。

『月の満ち欠け』はすでに発売済みですので、明日書店に行けば大々的な特集が組まれていることでしょう。

 

 

「影裏」の発売日は?

文學界に掲載されている「影裏」ですが、掲載ページ数は29ページの短編小説です。

29ページの単行本として収録されるのか、他の短編と一緒に短編集として発売されるのかはわかりませんが、どちらにせよ、いますぐ読みたい!と思ったら、文學界を購入するしかありませんね。

 

文學界2017年5月号

文學界2017年5月号

 

 

※2017年7月20日追記 

文藝春秋公式サイトにて『影裏』単行本の発売日と、価格など詳細が発表されていました!

発売日は7月28日!

価格は1000円(税抜)!

意外と早く決まりましたね。

books.bunshun.jp